米、中国に外交官の大幅削減を要求へ スパイ事件の急増を受け

(2020年8月10日)

Photo by: David J. Phillip / A security guard, right, talks with a man inside the Chinese Consulate Thursday, July 23, 2020, in Houston. China says malicious slander” is behind an order by the U.S. government to close its consulate in Houston, and maintains that its officials have never operated outside ordinary diplomatic norms. (AP Photo/David J. Phillip)


By Bill Gertz – The Washington Times – Tuesday, July 28, 2020

 トランプ政権は、米国内に駐在する外交官の数を、中国に駐在する米国人外交官と同レベルまで削減するよう中国に命じる準備を進めている。米国務省高官が明らかにした。

 この高官によると、この措置は一部には、この数カ月間、中国のスパイ、工作員の追跡に2000人もの職員を充てている連邦捜査局(FBI)の負担を軽減するためのものだ。FBIのレイ長官は最近、10時間ごとに中国関連の事件が発生していると述べた。

 ある米政府高官は、今週にも予定されている正式発表を前に、この措置の背景について、国外の米外交官を「8月までに互いに平等な水準にし、平等な交流ができるようにしたい」と述べた。

 また、この当局者は、米国がヒューストンの中国領事館を閉鎖し、これへの報復として中国が成都の米領事館を閉鎖したことを受けて、米中当局者らが先週、外交官の数を同等にすることについて協議したことを明らかにした。

 レイ氏は7月7日の演説で、・・・

(残り3615文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース