スティール文書公表の編集者、ニューヨーク・タイムズのコラムニストに

(2020年8月14日)

Photo by: Kin Cheung / FILE This July 15, 2020, file photo shows copies of The New York Times newspaper displayed for sale at a news stand in Hong Kong. The New York Times Co.’s digital transformation continued during the second quarter, with its online subscription and ad revenue now exceeding its print revenue, even as the economic aftershocks of the coronavirus pandemic slammed its ad sales. (AP Photo/Kin Cheung, FIle)


By THE WASHINGTON TIMES – – Thursday, August 6, 2020

 ANALYSIS/OPINION:ニューヨーク・タイムズは、米国のほかのニュースのあるべき姿を決めていた存在だった。米国の人々や事件の詳細にわたる報道は、ほかの会社の優れた報道や書き方の理想的な基準と見なされていた。

 確かに、幾つかの失敗例はあった。遠く1930年代にさかのぼれば、モスクワ支局長ウォルター・ドゥランティの不正確で、ソ連寄りの歪曲(わいきょく)した取材記事によって、同紙に、ピュリツァー報道賞を受賞させていた。

 キューバで権力掌握に近づきつつあった頃のフィデル・カストロに関するハーバード・マシューの取材記事は、新聞記者にとって取材の主題をいかに簡単に読み違えるものかを示す典型として、今もなお、その地位は揺るがずにいる。

 ニューヨーク・タイムズなどニューヨークの日刊紙は、都会の汚職を掘り起こしたり、権力者に対して無力な市民の利益のために立ち上がったりすることが期待されていた昔のキャンペーン報道とは程遠いものになった。米国ニュースの偉大な「灰色の貴婦人」(ニューヨーク・タイムズの愛称)は今や、社会運動のための機関紙に成り下がっているのだ。・・・

(残り1298文字)

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース