グラハム上院議員、スティール文書で「新たな犯罪」犯したとFBIを非難

(2020年8月15日)

Photo by: Carolyn Kaster / Senate Judiciary Committee Chairman Lindsey Graham held a hearing Aug. 5 to examine the Crossfire Hurricane investigation. (Associated Presss/File)


By Rowan Scarborough – The Washington Times – Sunday, August 9, 2020

 グラハム上院司法委員長(共和、サウスカロライナ州)は9日、連邦捜査局(FBI)が2018年に上院委員会で、重要な情報源がクリストファー・スティール氏と、同氏の反トランプ文書を支持していなかったにもかかわらず、支持していると証言し、「新たな犯罪」を冒したとFBIを非難した。

 グラハム氏はFOXニュースの「サンデー・モーニング・フューチャーズ」で、機密を解除されたばかりの文書を振りかざしながら「誰かが刑務所に行かなければならない」と訴えた。

 「FBIは、委員会を欺いた。情報源が2017年にFBIに話したことを上院情報委員会に正確に伝えなかった。これは新たな犯罪だ。別の犯罪だ」

 グラハム氏は、FBIのレイ長官に「上院情報委員会にあれほどの数々のうそをつくというのはどういうことなのか」と問い正すつもりだと語った。

 グラハム氏によると、この情報源の人物はFBIに、・・・

(残り2412文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース