グラハム上院議員、スティール文書で「新たな犯罪」犯したとFBIを非難

(2020年8月15日)

Photo by: Carolyn Kaster / Senate Judiciary Committee Chairman Lindsey Graham held a hearing Aug. 5 to examine the Crossfire Hurricane investigation. (Associated Presss/File)


By Rowan Scarborough – The Washington Times – Sunday, August 9, 2020

 グラハム上院司法委員長(共和、サウスカロライナ州)は9日、連邦捜査局(FBI)が2018年に上院委員会で、重要な情報源がクリストファー・スティール氏と、同氏の反トランプ文書を支持していなかったにもかかわらず、支持していると証言し、「新たな犯罪」を冒したとFBIを非難した。

 グラハム氏はFOXニュースの「サンデー・モーニング・フューチャーズ」で、機密を解除されたばかりの文書を振りかざしながら「誰かが刑務所に行かなければならない」と訴えた。

 「FBIは、委員会を欺いた。情報源が2017年にFBIに話したことを上院情報委員会に正確に伝えなかった。これは新たな犯罪だ。別の犯罪だ」

 グラハム氏は、FBIのレイ長官に「上院情報委員会にあれほどの数々のうそをつくというのはどういうことなのか」と問い正すつもりだと語った。

 グラハム氏によると、この情報源の人物はFBIに、・・・

(残り2412文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


上院委員会、オバマゲート疑惑に関してオバマ政権時代の司法省関係者の召喚を認める

(2020年09月23日)

トランプ氏、イスラエル・アラブ2か国の歴史的合意を自賛

(2020年09月22日)

トランプ陣営、ミネソタ州で1972年以来の勝利も視野に

(2020年09月21日)

歴史的米朝会談、金氏書簡公開でさらに劇的に

(2020年09月19日)

9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年09月18日)

安全性ではなく政治を理由に新型コロナワクチンを恐れる米国民

(2020年09月17日)

包括的改革を避ける警察

(2020年09月16日)

トランプ陣営、勝利への複数のシナリオ示す

(2020年09月15日)

トランプ大統領、10月までにワクチンのデータが揃う可能性も

(2020年09月14日)

トランプ大統領の日程、接戦州重視の姿勢鮮明に

(2020年09月13日)
→その他のニュース