グラハム上院議員、スティール文書で「新たな犯罪」犯したとFBIを非難

(2020年8月15日)


グラハム上院司法委員長(共和、サウスカロライナ州)は9日、連邦捜査局(FBI)が2018年に上院委員会で、重要な情報源がクリストファー・スティール氏と、同氏の反トランプ文書を支持していなかったにもかかわらず、支持していると証言し、「新たな犯罪」を冒したとFBIを非難した。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


環境保護論者、人口過剰が地球の主要な脅威と主張

(2021年03月09日)

バイデン氏、アマゾンの労組加入を支援「声を上げよう」

(2021年03月08日)

カトリーナ・ピアソン氏、下院選出馬か

(2021年03月07日)

議会予算局、1.9兆ドルのコロナ救済法案は2022年メディケア予算カットに繋がると警告

(2021年03月06日)

トランプ政権の規制緩和を覆すバイデン大統領

(2021年03月05日)

米軍、シリアのイラン系民兵を空爆

(2021年03月04日)

国土安保省が国境警備当局に警告「移民急増に備えよ」

(2021年03月03日)

サラ・ペイリン、上院選でリサ・ムルカワスキ―の対抗馬を視野、弾劾投票後に

(2021年03月03日)

ポンペオ氏、中国のウイルス研究所が世界を脅している

(2021年03月02日)

CIA、AIを駆使し中国に対抗

(2021年03月01日)
→その他のニュース