バイデン氏と同様、失言癖のあるハリス氏

(2020年8月17日)

Photo by: John Minchillo / Sen. Kamala D. Harris has come under fire for remarks she made during the debates about health care. She clarified and said she thought it was a personal question. Her comments during The Breakfast Club also had to be clarified. (Associated Press)


By Gabriella Muñoz and S.A. Miller – The Washington Times – Wednesday, August 12, 2020

 ジョゼフ・バイデン前米副大統領は長らく、「失言王」として君臨してきた。だが、カマラ・ハリス氏がその地位を奪うかもしれない。

 ハリス氏は民主党大統領候補指名争いに立候補したが、軽率な歩みにより、選挙戦は1年足らずで終わってしまった。上昇した世論調査の数字もしぼみ、結局、最初の投票が行われる前に撤退を余儀なくされた。

 だが、民主党の候補指名を確実にした77歳のバイデン氏は、2020年の民主党候補ペアに活気を加えるため、カリフォルニア州選出の1年生上院議員であるハリス氏を選んだ。

 ハリス氏は、若い頃にマリフアナを吸った過去を自慢するというへまをした。・・・

(残り1010文字)

Trump Central Review【定期購読】


上院委員会、オバマゲート疑惑に関してオバマ政権時代の司法省関係者の召喚を認める

(2020年09月23日)

トランプ氏、イスラエル・アラブ2か国の歴史的合意を自賛

(2020年09月22日)

トランプ陣営、ミネソタ州で1972年以来の勝利も視野に

(2020年09月21日)

歴史的米朝会談、金氏書簡公開でさらに劇的に

(2020年09月19日)

9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年09月18日)

安全性ではなく政治を理由に新型コロナワクチンを恐れる米国民

(2020年09月17日)

包括的改革を避ける警察

(2020年09月16日)

トランプ陣営、勝利への複数のシナリオ示す

(2020年09月15日)

トランプ大統領、10月までにワクチンのデータが揃う可能性も

(2020年09月14日)

トランプ大統領の日程、接戦州重視の姿勢鮮明に

(2020年09月13日)
→その他のニュース