バイデン氏と同様、失言癖のあるハリス氏

(2020年8月17日)

Photo by: John Minchillo / Sen. Kamala D. Harris has come under fire for remarks she made during the debates about health care. She clarified and said she thought it was a personal question. Her comments during The Breakfast Club also had to be clarified. (Associated Press)


By Gabriella Muñoz and S.A. Miller – The Washington Times – Wednesday, August 12, 2020

 ジョゼフ・バイデン前米副大統領は長らく、「失言王」として君臨してきた。だが、カマラ・ハリス氏がその地位を奪うかもしれない。

 ハリス氏は民主党大統領候補指名争いに立候補したが、軽率な歩みにより、選挙戦は1年足らずで終わってしまった。上昇した世論調査の数字もしぼみ、結局、最初の投票が行われる前に撤退を余儀なくされた。

 だが、民主党の候補指名を確実にした77歳のバイデン氏は、2020年の民主党候補ペアに活気を加えるため、カリフォルニア州選出の1年生上院議員であるハリス氏を選んだ。

 ハリス氏は、若い頃にマリフアナを吸った過去を自慢するというへまをした。・・・

(残り1010文字)

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース