上院議員、FBIのロシア疑惑捜査資料の提出を要求

(2020年8月18日)

Photo by: Andrew Harnik / In this May 20, 2020, file photo, Sen. Ron Johnson, R-Wis., speaks during a Senate Homeland Security and Governmental Affairs committee meeting on Capitol Hill in Washington. Johnson said Monday, Aug. 10, that he has subpoenaed the FBI to produce documents to his committee related to the Trump-Russia investigation. Johnson also defended a separate investigation he is leading into Democratic presidential candidate Joe Biden and Ukraine. (AP Photo/Andrew Harnik, File)


By David Sherfinski and Seth McLaughlin – The Washington Times – Monday, August 10, 2020

 民主党の大統領候補指名を確実にしているバイデン前副大統領は、選挙戦の中で、家族のこれまでのウクライナでの行動をあいまいにしようとしているが、ロン・ジョンソン上院議員のロシア調査によって、注目を浴びることになりそうだ。

 選挙戦終盤を迎え、上院国土安全保障・政府活動委員長のジョンソン氏の調査によって、ウクライナでのバイデン氏の行動が、再び注目されるようになることは間違いない。これは、ロシアと2016年大統領選のトランプ陣営との間の関係をめぐる調査「クロスファイア・ハリケーン」の一環だ。

 ウィスコンシン州選出の共和党議員ジョンソン氏の調査は新たな段階に入ったばかりだ。委員会が初めての召喚状を発行し、連邦捜査局(FBI)のロシア疑惑捜査に関する資料の提出をレイ長官に求めた。

 召喚状は、・・・

(残り2133文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース