トランプ大統領の強引な対外政策は再選を危うくする可能性がある

(2020年8月19日)

Photo by: Alex Brandon / President Donald Trump salutes as he steps off Marine One on the South Lawn of the White House, Thursday, July 26, 2018, in Washington. Trump is returning from a trip to Iowa and Illinois. (AP Photo/Alex Brandon)


By Ben Wolfgang and Lauren Meier – The Washington Times – Monday, August 10, 2020

 トランプ米大統領は、欧州の米軍を劇的に再編し、防衛に十分な予算を費やさなかったドイツを懲らしめようと考えている。しかし、民主党の候補指名を確実にしているジョー・バイデン前副大統領が11月の大統領選に勝利した場合、こうしたトランプ氏の一連の外交政策上の取り組みは、撤回されることが予想される。

 政治アナリストによると、バイデン氏は、イラン核合意やパリ協定からの米国の撤退、世界保健機関(WHO)からの米国の離脱の撤回など主要なトランプ氏の決定を取り消すことを目指している。

 民主党がトランプ氏の中国に対する強硬な政策をどのように見直しするかについて憶測が横行しているが、軍の内情に詳しい人たちは、バイデン氏が米欧州軍の再編を停止するべく迅速に行動することはほぼ間違いないと見ている。

 国防総省幹部らは、・・・

(残り2939文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース