米司令官、ISの復活を警告

(2020年8月20日)

Photo by: Alex Brandon / U.S. Marine Corps Gen. Kenneth McKenzie Jr., commander of U.S. Central Command, left, walks to a House Armed Services hearing, on Capitol Hill, Tuesday, March 10, 2020, in Washington. (AP Photo/Alex Brandon)


By Ben Wolfgang – The Washington Times – Wednesday, August 12, 2020

 国防総省の中東担当の最高幹部は12日、米政府が中東の複数の紛争地域の若者が過激化しないよう包括的な対策を講じなければ、今後10年間に過激派組織「イスラム国」(IS)が復活し「大きな問題」に直面することになると警告した。

 ISがシリアとイラクに築いた「カリフ国家」は消滅したが、マケンジー中央軍司令官(海兵隊大将)は、ISは依然として活動しており、新たな世代の聖戦士の募集に注力していると警鐘を鳴らした。

 マケンジー氏は、米国平和研究所(USIP)が開催したオンラインフォーラムで講演し、米国とパートナー国が直面する課題に関して厳しい見方を示した。アナリストらは、ISは依然、小規模なテロ攻撃を実行する能力を十分に備えており、世界中のさまざまな地域で戦略的目標に狙いを定めていると指摘している。

 複数の外交政策専門家は、ISがすでに、・・・

(残り753文字)

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース