黒人の給料問題も大切だ

(2020年8月21日)

FILE – This Wednesday, April 3, 2019, file photo shows a box filled with dollar bills, in New York. If you are going to stockpile anything these days, consider cash savings. A stash of money to tap for emergencies is always important, but it can prove critical at times like these when people face potential layoffs and economic uncertainty. (AP Photo/Mark Lennihan, File)


By THE WASHINGTON TIMES – – Tuesday, August 11, 2020

 ANALYSIS/OPINION:国が社会的混乱の夏を乗り越えようとしている時、人種差別的分裂を示している経済面での要素を消し去ろうとする方法が、すでに、動きだしている。雇用の決定をするに当たって、給料の履歴を用いることを控える慣行が増えていることが、賃金格差を縮める助けとなっているのだ。

 ボストン大学から6月に出された研究によると、過去3年間に14州で制定された求職申し込みプロセスにおける、以前の給料を聞く問題は、新しい仕事に就く黒人13%の「かなりの支払い増」をもたらした。女性も、8%のサラリー増の恩恵に浴した。

 近年、数十の州および市町村は、給料の履歴の提出を求めることを禁じている。なぜなら、それは、過去に低い給料で苦しんだことがある未来の被雇用者にとっては、給料を減らす口実を雇用者に与えたからであった。

 米国のさまざまな人口統計学によって分類される層が示す給料格差は・・・

(残り1352文字)

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース