トランプ氏:イラクを今後も支援、米軍は削減

(2020年8月22日)

Photo by: Patrick Semansky / President Donald Trump meets with Iraqi Prime Minister Mustafa al-Kadhimi in the Oval Office of the White House, Thursday, Aug. 20, 2020, in Washington. (AP Photo/Patrick Semansky)


By Lauren Meier – The Washington Times – Thursday, August 20, 2020

 トランプ大統領は20日、イラクがイランから攻撃を受けた場合は、イラクを支援すると約束した。しかし、イラクのカディミ首相には、いずれ、米軍はすべて撤収すると話した。

 トランプ氏とカディミ首相との会談は、これが初めて。カディミ氏は就任後、政府を改革し、親イラン民兵の影響力を削いだことで米国から強い支持を受けたが、国内で、政治的、経済的課題に直面している。

 イラクには現在、5000人を超える米兵が駐留しており、中東地域の最高司令官は、米軍のイラクでのプレゼンスは減少するが、数年間は駐留を続けると述べた。

 トランプ氏は記者団に、「いつか、出ていくことは間違いない。米軍がいなくてもいい時代が来ることを楽しみにしている。米国が関与する前の時のように、イラクが自力で生き、自国を守れるようになってほしいと思っている」と語った。・・・

(残り1454文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


上院委員会、オバマゲート疑惑に関してオバマ政権時代の司法省関係者の召喚を認める

(2020年09月23日)

トランプ氏、イスラエル・アラブ2か国の歴史的合意を自賛

(2020年09月22日)

トランプ陣営、ミネソタ州で1972年以来の勝利も視野に

(2020年09月21日)

歴史的米朝会談、金氏書簡公開でさらに劇的に

(2020年09月19日)

9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年09月18日)

安全性ではなく政治を理由に新型コロナワクチンを恐れる米国民

(2020年09月17日)

包括的改革を避ける警察

(2020年09月16日)

トランプ陣営、勝利への複数のシナリオ示す

(2020年09月15日)

トランプ大統領、10月までにワクチンのデータが揃う可能性も

(2020年09月14日)

トランプ大統領の日程、接戦州重視の姿勢鮮明に

(2020年09月13日)
→その他のニュース