トランプ氏:イラクを今後も支援、米軍は削減

(2020年8月22日)

Photo by: Patrick Semansky / President Donald Trump meets with Iraqi Prime Minister Mustafa al-Kadhimi in the Oval Office of the White House, Thursday, Aug. 20, 2020, in Washington. (AP Photo/Patrick Semansky)


By Lauren Meier – The Washington Times – Thursday, August 20, 2020

 トランプ大統領は20日、イラクがイランから攻撃を受けた場合は、イラクを支援すると約束した。しかし、イラクのカディミ首相には、いずれ、米軍はすべて撤収すると話した。

 トランプ氏とカディミ首相との会談は、これが初めて。カディミ氏は就任後、政府を改革し、親イラン民兵の影響力を削いだことで米国から強い支持を受けたが、国内で、政治的、経済的課題に直面している。

 イラクには現在、5000人を超える米兵が駐留しており、中東地域の最高司令官は、米軍のイラクでのプレゼンスは減少するが、数年間は駐留を続けると述べた。

 トランプ氏は記者団に、「いつか、出ていくことは間違いない。米軍がいなくてもいい時代が来ることを楽しみにしている。米国が関与する前の時のように、イラクが自力で生き、自国を守れるようになってほしいと思っている」と語った。・・・

(残り1454文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース