感染拡大で気候変動への関心弱まる-調査

(2020年8月24日)

Photo by: Michael Probst / In this file photo, Swedish environmental activist Greta Thunberg attends the World Economic Forum in Davos, Switzerland, on Jan. 21, 2020. (AP Photo/Michael Probst)


By Valerie Richardson – The Washington Times – Tuesday, August 11, 2020

 民主党は気候変動を選挙戦略の最前線に据えているが、世論調査は、新型コロナウイルスの感染拡大への関心の方が高いことを示している。

 ハリス社がフォーチュンの委託を受けて実施した世論調査によると、気候変動は、社会が直面している12の問題の中で、昨年12月の1位から、2番目~最下位へと順位を落としている。ハリスのウィル・ジョンソンCEOが明らかにした。ジョンソン氏はそのうえで、「個人的には、米国の世界への貢献が薄らいでいることに驚き、落胆している」と語った。

 ジョンソン氏は10日の投稿で・・・

(残り1660文字)

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース