台湾へのF16戦闘機売却を最終承認

(2020年8月26日)

Photo by: Chiang Ying-ying / In this April 13, 2018, file photo, Taiwanese F-16 jet fighters fly in close formation during a navy exercise at Suao naval station in Yilan County, northeastern Taiwan. (AP Photo/Chiang Ying-ying, File)


By Lauren Meier – The Washington Times – Tuesday, August 18, 2020

 66機のF16戦闘機など台湾への大規模な武器売却が完了した。台湾への武器売却としては、近代史の中で最大となる。

 トランプ政権は1年前、台湾へのF16の売却を承認した。総額80億ドルに上り、米中間の貿易戦争が激化する中、中国政府の反発は必至だ。

 国防当局者らは14日、合意の最新部分を公表した。それによると、米空軍は兵器メーカー、ロッキード・マーチンと90機の超音速マルチロール戦闘機F16の製造契約を交わした。

 CNNによると、24機はモロッコ向けの予定で、2026年に引き渡しが完了する。

 現在、米中間で緊張が高まっている。中国は、・・・

(残り487文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース