隠れ続けるバイデン氏、党大会もオンラインで

(2020年8月28日)

Photo by: Carolyn Kaster / Democratic vice presidential candidate Sen. Kamala Harris, D-Calif., speaks during the third day of the Democratic National Convention, Wednesday, Aug. 19, 2020, at the Chase Center in Wilmington, Del. (AP Photo/Carolyn Kaster)


By Scott Walker – – Thursday, August 20, 2020

 ANALYSIS/OPINION:民主党は今週、私の地元、ウィスコンシン州で党大会を開くとみられていたが、代わりにオンラインで開いた。私の見解を述べたい。

 テーマ:民主党は気付いていないようだが、民主党全国大会の概念は、事実よりも感情に基づいているようだ。マスコミもそれに一役買っているようだ。民主党にとっては残念なことだが、民主党が抱いている感情は、事実に即していない。

 バイデン副大統領:大統領なりたいあまり、政策課題を左派に任せてしまった。その代わりに、バーニー・サンダース氏、アレクサンドリア・オカシオコルテス氏からの支持を得た。

 民主党は、自宅の地下室や自宅近辺にバイデン氏をとどめている。その戦略によって、数多くの友好的なマスコミの助けもあって、トランプ大統領へ注目が集まり、バイデン氏にはあまり関心が払われていない。

 カマラ・ハリス上院議員:両親に関する逸話は、アメリカンドリームそのものだ。残念なことに、・・・

(残り1908文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース