オバマがトランプ陣営をスパイしていたことを示す6つの政府文書

(2020年8月29日)

President Barack Obama listens during a phone call with Jordan’s King Abdullah II Jordan, according to the White House, Friday, Aug. 8, 2014, in the Oval Office of the White House in Washington. (AP Photo/Jacquelyn Martin)


By Rowan Scarborough – The Washington Times – Thursday, August 20, 2020

 トランプ米大統領は、民主党全国大会が行われていた20日夜、バラク・オバマ元大統領の批判に反応し、「彼は私の選対をスパイした」とツイッターで反撃した。

 政府文書に基づいて、2016年11月8日までの選挙期間および選挙後にトランプ選対または政権移行チームをスパイしたオバマ政権の6つの例を以下に示す。

・FBIは機密の情報提供者であるステファン・ハルパー氏を雇い、2016に選対ボランティアのカーター・ページ氏とジョージ・パパドプロス氏をスパイした。ハルパー氏は盗聴器を身に着けていた。2人とも、ロシアの選挙干渉に関与した罪はなかった。

 ハルパー氏は、パパドプロス氏を誘惑するために、2人目の情報提供者である「アザール・ターク」という任務名の魅力的な金髪女性を用いた。彼女の試みは失敗した。FBIはまたパパドプロスに他のスパイを用いたが、結果は同じだった。・・・

(残り1006文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース