ヘイリー前国連大使:バイデン氏は「まだ、米国第一を非難している」

(2020年8月31日)

Photo by: Susan Walsh / Former U.N. Ambassador Nikki Haley speaks during the Republican National Convention from the Andrew W. Mellon Auditorium in Washington, Monday, Aug. 24, 2020. (AP Photo/Susan Walsh)


By – The Washington Times – Monday, August 24, 2020

 ニッキ・ヘイリー前国連大使は24日、民主党の大統領候補ジョセフ・バイデン氏と民主党は、米国第一を非難する姿勢を変えていないと述べた。

 ヘイリー氏は共和党全国大会で「バイデン氏と民主党は依然、米国第一を非難している。ドナルド・トランプ氏は常に米国第一であり、あと4年、大統領を務める」と述べた。

 ヘイリー氏は、2017~2018年米国連大使を務めた。

 オバマ前大統領とバイデン前副大統領は、北朝鮮に対し弱腰で、トランプ氏はそれを転換させたとヘイリー氏は主張した。

(残り620文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース