農村部の壁:トランプは関税問題の中でも支持獲得に猛進

(2020年9月3日)

Photo by: Evan Vucci / President Donald Trump delivers remarks on the “Farmers to Families Food Box Program” at Flavor First Growers and Packers, Monday, Aug. 24, 2020, in Mills River, N.C. (AP Photo/Evan Vucci)


By Tom Howell Jr. – The Washington Times – Monday, August 24, 2020

 トランプ米大統領は最近、中国に対して優しい言葉を述べないが、接戦州に滞在中の24日、その共産主義国家による少なくとも1つの「賢い」動きを賞賛した。重要な投票集団である米国の農家を助ける2回のトウモロコシの大量注文だ。

 「わが国の歴史で最大のトウモロコシの注文が2回あった。史上最大規模の大豆の注文だ」とトランプ氏は、ノースカロライナ州西部の「農家から家族へのフードボックス」で支持者に述べた。

 完全な選挙モードに入ったトランプ氏は、中部地域の勤勉な男女が得るあらゆる機会を強調している。不法移民に関するアリゾナ州での批判さえ、季節労働者に依存する農業部門への讃歌になった。

 「われわれは国境について非常に強硬だ。人々が入って来たいと思ったとしても、農家に損害は与えない」。トランプ氏は先週、同州ユマで語った。

 農家からの支持を維持することは、11月の大統領選においてトランプ氏にとって非常に重要だ。民主党は、トランプ氏の農村における防火壁を崩すことを狙い貿易戦争や主要な市場に打撃を与えている新型コロナウイルスのパンデミックを強調している。

 中国との関税戦争により打撃を受けた農家にトランプ氏は救済金として数十億ドルを費やすことを余儀なくされ、これにパンデミックと自然災害によるエタノール燃料への低い需要が追い打ちをかけた。・・・

(残り4204文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース