安倍首相辞任で後継めぐり憶測

(2020年9月4日)


 近代日本の歴史の中で最長の在職期間を誇り、アジアの有力指導者の一人である安倍晋三首相の突然の辞任表明は、この地域に不安をもたらした。安倍政権が、米国の同盟国を脅かそうとする北朝鮮の挑発と中国の力の誇示に対し毅然とした態度を取ってきたからだ。

 専門家らは、安倍首相が、北朝鮮封じ込めと台頭する中国への対抗のための米国の取り組みへの主要支援者に日本を引き上げ、そのレガシー(遺産)がすぐに消えることはなさそうだが、数週間後に決まる後継をめぐって不安が広がっていると指摘している。

 安倍首相は28日に辞任を表明した際、健康問題に言及した。

 辞任によって、トランプ大統領は仲のいいゴルフ友達を失う。しかし、次の首相が誰になろうと、日本の国益を守ることになるのなら、この地域の米政策への支持は続くものと考えられる。

 ワシントンのシンクタンク、ハドソン研究所のパトリック・クローニン・アジア太平洋安全保障部長は、・・・ (残り4170文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース