安倍首相辞任で後継めぐり憶測

(2020年9月4日)

Photo by: Koji Sasahara / Japan’s Prime Minister Shinzo Abe wearing a face mask, arrives at Prime Minister’s office in Tokyo, Monday, Aug. 31, 2020. Japan’s longest-serving prime minister, Abe, said Friday, he is stepping down because a chronic health problem has resurfaced.(AP Photo/Koji Sasahara)


By Guy Taylor – The Washington Times – Monday, August 31, 2020

 近代日本の歴史の中で最長の在職期間を誇り、アジアの有力指導者の一人である安倍晋三首相の突然の辞任表明は、この地域に不安をもたらした。安倍政権が、米国の同盟国を脅かそうとする北朝鮮の挑発と中国の力の誇示に対し毅然とした態度を取ってきたからだ。

 専門家らは、安倍首相が、北朝鮮封じ込めと台頭する中国への対抗のための米国の取り組みへの主要支援者に日本を引き上げ、そのレガシー(遺産)がすぐに消えることはなさそうだが、数週間後に決まる後継をめぐって不安が広がっていると指摘している。

 安倍首相は28日に辞任を表明した際、健康問題に言及した。

 辞任によって、トランプ大統領は仲のいいゴルフ友達を失う。しかし、次の首相が誰になろうと、日本の国益を守ることになるのなら、この地域の米政策への支持は続くものと考えられる。

 ワシントンのシンクタンク、ハドソン研究所のパトリック・クローニン・アジア太平洋安全保障部長は、・・・

(残り4170文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース