バイデン氏も対中強硬政策を維持

(2020年9月12日)


 中国への対応に関して、2020年大統領選は実質よりもスタイルに焦点が集まっているようだ。

 アナリストや外交筋によると、米国の政治状況が急速に変化したことで、トランプ大統領と民主党の大統領候補ジョセフ・バイデン氏は同じ土俵での戦いに追いやられている。両者の間には依然、大きな政策の違いがある。しかし、中国の経済的台頭、強まる軍事的冒険主義、21世紀の世界秩序のリーダーとしての地位から米国を引きずり下ろすための長期的計画によって、全体的な政策で党派を超えた一致点が増え、民主、共和両党で激しい議論が戦わされている。

 その結果、共和、民主両党の有力者の間で、中国に対する否定的な見方が強まり、ほぼすべての候補者が「中国に対し強硬」と見せることが不可避となっている。バイデン氏は、数十年間にわたって上院外交委員会で外交政策の重鎮の役目を果たしてきたが、この新たな現実の中で、オバマ政権時の副大統領としての8年間とは大きく違う主張をするようになった。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース