トランプ大統領の日程、接戦州重視の姿勢鮮明に

(2020年9月13日)

Photo by: Evan Vucci / President Donald Trump speaks during a campaign rally at Arnold Palmer Regional Airport, Thursday, Sept. 3, 2020, in Latrobe, Pa. (AP Photo/Evan Vucci)


By Dave Boyer – The Washington Times – Thursday, September 3, 2020

 トランプ米大統領は3日、ペンシルベニア州の空港の滑走路に5億ドルの連邦補助金を提供することに加え、5億ドル近くをウィスコンシン州の路上における暴動対応のために費やすことを決め、ノースカロライナ州にある町を第二次世界大戦の「遺産都市」に指定した。トランプ氏と民主党候補のジョー・バイデン前副大統領は、選挙活動を選挙戦を決定づける13の激戦州に集中させている。

 現職の強みを生かすことに加えて、トランプ氏の選挙アドバイザーたちは、共和党全国大会後1週間の同氏の日程は、ほとんど大統領選で接戦が予想される場所への訪問で占められていると述べる。

 戦いの大部分はミネソタとウィスコンシンなど中西部の州、ミシガン、オハイオ、ペンシルベニアなどのラストベルト州、それに加えニューハンプシャーとメインなど選挙人の比較的少ない州で行われる。

 こうした激戦州に加え、フロリダ、ジョージア、ノースカロライナ、アリゾナ、アイオワ、ネバダ各州が大統領選に向けた最後の2か月間の焦点となる。

 ペンシルベニア州では、トランプ氏は世論調査でバイデン氏との差を4ポイントまで縮めている。7月にはバイデン氏が二桁リードしていたが、トランプ氏が同州ラットローブに到着する2日前、トランプ政権はその空港が滑走路拡張を完成させるため520万ドルを支援すると発表した。

 トランプ氏は、空港で行われた集会で支持者の聴衆に向かって 「偽の世論調査」がバイデン氏のリードを示していると述べた。

 トランプ氏は「われわれは本当の数字を知っている。・・・

(残り3562文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース