包括的改革を避ける警察

(2020年9月16日)

Photo by: Noah Berger / Police use chemical irritants and crowd control munitions to disperse protesters during the 100th consecutive day of demonstrations in Portland, Ore., on Saturday, Sept. 5, 2020. According to an officer, police responded with stronger tactics after a molotov cocktail was thrown.(AP Photo/Noah Berger)


By Jeff Mordock – The Washington Times – Tuesday, September 8, 2020

 警察の取り締まり手順の包括的改革を求める声が高まっていることに対し警察署は、要求に屈しないことを表明した。手順では、力の行使、職務質問、令状の執行、逮捕に抵抗された際の対応が定められている。

 ワシントン・タイムズは、全米の警察署、法執行機関を調査、ほとんどが取り締まり手順の大規模な改革ではなく、小規模な調整にとどめることを支持した。

 ノースカロライナ州ファイエットビルの警察署長、ジナ・ホーキンス氏は、ミネアポリスで警官に拘束されたジョージ・フロイドさんが死亡した戦没者追悼記念日後に少なくとも30カ所の修正を実施したことを明らかにした。

 変更は「微調整」だと説明した。

 全米黒人法執行機関幹部会の理事であるホーキンス氏によると、これらの変更の中には、容疑者を庇護したり、他の警官による不正に気付いた際に介入したりする警官の義務に関する現行の方針の明確化もあるという。自身の管理下の警察署の就任宣誓の見直しも行ったという。

 「私たちは信任を得ている。方針のすべてが最良の実践方法だからだ。だが、重要なのは、・・・

(残り3512文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース