9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年9月18日)

FILE – In this Sept. 11, 2014, file photo, a woman places flowers in the inscribed names along the edge of the North Pool during memorial observances on the 13th anniversary of the Sept. 11, 2001 terror attacks on the World Trade Center in New York. The coronavirus pandemic has reshaped how the U.S. is observing the anniversary of 9/11. The terror attacks’ 19th anniversary will be marked Friday, Sept. 11, 2020, by dueling ceremonies at the Sept. 11 memorial plaza and a corner nearby in New York. (AP Photo/Justin Lane, Pool, File)


By THE WASHINGTON TIMES – – Thursday, September 10, 2020

 ANALYSIS/OPINION:2001年9月11日を生き抜いた米国人なら、あの運命の日を決して忘れることはないであろう。しかし、イスラム主義者のテロ攻撃が引き起こした恐怖と苦しみは、米国が永遠に戦争状態を維持しなければならないということを意味しない。

 トランプ大統領は、テロリストによる犠牲者のための報復を成し遂げ、その後の攻撃から米国を守ってきた軍隊の撤収をさらに進めようとしている。彼のやり方は正しい。しかし、だからと言って、彼の行動は、米国人がもう忘れようとしていることを意味しない。

 トランプ氏は今週、イラクに駐留している米軍の半分近くを本国に戻すことを約束した。アフガニスタンからも同様の撤収計画が進められている。「われわれは、米国の新規の戦争を避けてきたし、そしてさらに、部隊を本国に戻すつもりである」と大統領は、火曜日にノースカロライナでの2020年大統領選の選挙集会で支持者に語った。「われわれは、このような遠方の地の全部から、彼らを連れ帰ろうと思っているのだ」とも。

 「決して忘れない」という言葉は、やはり、米国人の心を、あの秋晴れの青空の日に連れ戻すことができる。・・・

(残り1443文字)

Trump Central Review【定期購読】


新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)
→その他のニュース