9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年9月18日)

FILE – In this Sept. 11, 2014, file photo, a woman places flowers in the inscribed names along the edge of the North Pool during memorial observances on the 13th anniversary of the Sept. 11, 2001 terror attacks on the World Trade Center in New York. The coronavirus pandemic has reshaped how the U.S. is observing the anniversary of 9/11. The terror attacks’ 19th anniversary will be marked Friday, Sept. 11, 2020, by dueling ceremonies at the Sept. 11 memorial plaza and a corner nearby in New York. (AP Photo/Justin Lane, Pool, File)


By THE WASHINGTON TIMES – – Thursday, September 10, 2020

 ANALYSIS/OPINION:2001年9月11日を生き抜いた米国人なら、あの運命の日を決して忘れることはないであろう。しかし、イスラム主義者のテロ攻撃が引き起こした恐怖と苦しみは、米国が永遠に戦争状態を維持しなければならないということを意味しない。

 トランプ大統領は、テロリストによる犠牲者のための報復を成し遂げ、その後の攻撃から米国を守ってきた軍隊の撤収をさらに進めようとしている。彼のやり方は正しい。しかし、だからと言って、彼の行動は、米国人がもう忘れようとしていることを意味しない。

 トランプ氏は今週、イラクに駐留している米軍の半分近くを本国に戻すことを約束した。アフガニスタンからも同様の撤収計画が進められている。「われわれは、米国の新規の戦争を避けてきたし、そしてさらに、部隊を本国に戻すつもりである」と大統領は、火曜日にノースカロライナでの2020年大統領選の選挙集会で支持者に語った。「われわれは、このような遠方の地の全部から、彼らを連れ帰ろうと思っているのだ」とも。

 「決して忘れない」という言葉は、やはり、米国人の心を、あの秋晴れの青空の日に連れ戻すことができる。・・・

(残り1443文字)

Trump Central Review【定期購読】


政治的検閲に直面して

(2020年10月29日)

NATO事務総長、早期のアフガン撤収を否定

(2020年10月27日)

バイデン氏の富裕層への増税は中産階級に打撃

(2020年10月26日)

トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)
→その他のニュース