最高裁判事の承認表決めぐり共和党院内総務に逆風

(2020年9月23日)

People gather at the Supreme Court in Washington, Saturday night, Sept. 19, 2020, to honor the late Justice Ruth Bader Ginsburg, one of the high court’s liberal justices, and a champion of gender equality. Her death leaves a vacancy that could be filled with a more conservative justice by President Donald Trump. (AP Photo/J. Scott Applewhite)


By Alex Swoyer and David Sherfinski – The Washington Times – Sunday, September 20, 2020

 上院の多数派共和党のマコネル院内総務(ケンタッキー州)は、トランプ大統領が指名するギンズバーグ最高裁判事後任の承認表決を年内に実施し、承認することを約束した。ギンズバーグ氏の18日の死去が選挙に大きな影響を及ぼしている。

 しかし、マコネル氏がその約束を果たすには困難が伴う。2016年のバラク大統領の最高裁判事指名を阻止するという約束よりも難しいとみられている。

 共和党のコリンズ(メーン州)、マコースキー(アラスカ州)両上院議員は、大統領選前にトランプ氏指名の判事の承認を行うことに反対を表明した。

 上院では、53対47で共和党が多数派を占め、マコネル氏が約束を果たすにはあと1議席しか余裕がない。

 ギンズバーグ氏は死去直前に、孫娘に声明を託し、1月に新大統領が就任する前に後任が承認されないことが「最大限の願い」と伝えていた。大統領候補のバイデン前副大統領ら民主党員は、トランプ氏と共和党主導の上院はその願いを受け入れるべきだと主張している。

 しかし、トランプ氏の動きは速く、週内に女性候補を指名することを明らかにしている。

 トランプ氏は19日、「私たちは勝った。私たちは勝者として、望んだ候補を承認する義務がある」と述べた。

 ギンズバーグ氏死去が伝えられてから数時間内に、マコネル氏は、トランプ氏の指名候補の表決を実施すると断言した。

 これとは対照的に、2016年にマコネル氏は、・・・

(残り3152文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)
→その他のニュース