大統領補佐官、超党派議員団のコロナ救済策を「歓迎する」

(2020年9月25日)

Photo by: Andrew Harnik / Chief of Staff Mark Meadows listens as President Donald Trump speaks in the Oval Office of the White House on Friday, Sept. 11, 2020, in Washington. (AP Photo/Andrew Harnik)


By Gabriella Munoz – The Washington Times – Wednesday, September 16, 2020

 メドウズ米大統領首席補佐官は16日、下院で審議されている超党派の新型コロナウイルス経済対策案は、交渉再開のたたき台となる可能性があると評価した。

 メドウズ氏は、約2兆ドルに達する対策案は、固定化された党派の壁を超える重要な超党派の取り組みであり、「重大な意味がある」と指摘した。

 メドウズ氏は16日、ホワイトハウスで記者団に対し、「現状は下院議長が望んでいるものではない。その点、この12時間ではっきりしたことと思う。しかし、これをもとに、交渉へとつながっていくのなら、それは歓迎する」と述べた。

 メドウズ氏は超党派の議員団について「民主党とは議会でさまざまな話し合いを行ってきた。プロブレム・ソルバーズ議員団だけでなく、他の議員とも話し合った。対処すべきことが依然としてあるという感覚が強まっていると思う。オープンにこれらに対処していきたいという意向を、ホワイトハウスに代わって伝えようとしてきた」と述べた。

 下院民主党は15日、この対策案を直ちに拒否し、不十分だと訴えた。・・・

(残り1611文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)
→その他のニュース