「これは戦争だ」、リベラル派、トランプ大統領の最高裁判事指名に抗議デモ

(2020年9月28日)


 民主党は、トランプ大統領がルース・ベイダー・ギンズバーグ最高裁判事の死によって生じた空席を埋めるために誰を選ぼうと阻止する構えだ。これに比べれば、2018年に最高裁判事に指名されたカバノー氏をめぐる戦いがすでに退屈なものに思える。

 「焼き尽くせ」「これは戦争だ」などの主張がソーシャルメディア上で飛び交う中、活動家たちは共和党のミッチ・マコネル院内総務のケンタッキー州ルイビルとワシントン市内の自宅周辺で週末に抗議を行い、最高裁前の集会にはマサチューセッツ州選出のエリザベス・ウォーレン上院議員が登場した。

 「ルース・ベイダー・ギンズバーグ氏の体が冷たくならないうちに、ミッチ・マコネル氏は彼女の墓の上で踊っている。これは戦争だ。民主党には強力な武器がある。今こそそれを使う時だ」。急進左派のハリウッド監督兼俳優のロブ・ライナー氏はこうツイートした。

 民主党は11月3日までに新たな判事が承認された場合、最高裁判事の定員を増やすことやワシントンDCとプエルトリコを州に昇格させるなど大きな制度変更を行うと警告。また、ナンシー・ペロシ下院議長は20日、新たな弾劾の可能性を排除しなかった。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース