中東で歴史的合意、最大の敗者はイランか

(2020年10月2日)


 イラン政府高官らは、トランプ大統領が15日にホワイトハウスでイスラエル・アラブ間の国交樹立協定の調印式を主宰するのを見て不満を表明した。イラン政府は最終的に、この歴史的大転換の中で最大の敗者になる可能性があるという見方が広がっていることを反映している。

 パレスチナの指導者らも同様に怒りを表明し、反発する一方で、イランがイスラエル、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンの間の合意を激しく非難しており、これは、中東での従来の反イスラエル感情が緩み、イランの権力、影響力が失われていることを示している。イランは、イスラエルを大敵とみなし、指導者らはよく、ユダヤ人国家の破壊を訴える。

 しかし、イスラエル・アラブ関係の改善には、イランにとってそれ以上に懸念すべきことがある。アラブ諸国のイランとその友好国への懸念がかつてないほど強まり、従来のイスラエルへの敵意をしのぐほどになっているということ、イスラエルではなくイランがすぐに、中東で外交的に孤立し、数で圧倒されるようなるということだ。

 15日に調印された歴史的な「アブラハム合意」は、・・・ (残り1932文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース