中東で歴史的合意、最大の敗者はイランか

(2020年10月2日)

In this picture released by the official website of the office of the Iranian supreme leader, Supreme Leader Ayatollah Ali Khamenei speaks during a video conference with education ministry officials, in Tehran, Iran, Tuesday, Sept. 1, 2020. Iran’s supreme leader called the United Arab Emirates’ recognition of Israel “treason that will not last for long.” (Office of the Iranian Supreme Leader via AP)


By Ben Wolfgang – The Washington Times – Tuesday, September 15, 2020

 イラン政府高官らは、トランプ大統領が15日にホワイトハウスでイスラエル・アラブ間の国交樹立協定の調印式を主宰するのを見て不満を表明した。イラン政府は最終的に、この歴史的大転換の中で最大の敗者になる可能性があるという見方が広がっていることを反映している。

 パレスチナの指導者らも同様に怒りを表明し、反発する一方で、イランがイスラエル、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンの間の合意を激しく非難しており、これは、中東での従来の反イスラエル感情が緩み、イランの権力、影響力が失われていることを示している。イランは、イスラエルを大敵とみなし、指導者らはよく、ユダヤ人国家の破壊を訴える。

 しかし、イスラエル・アラブ関係の改善には、イランにとってそれ以上に懸念すべきことがある。アラブ諸国のイランとその友好国への懸念がかつてないほど強まり、従来のイスラエルへの敵意をしのぐほどになっているということ、イスラエルではなくイランがすぐに、中東で外交的に孤立し、数で圧倒されるようなるということだ。

 15日に調印された歴史的な「アブラハム合意」は、・・・

(残り1932文字)

Trump Central Review【定期購読】


政治的検閲に直面して

(2020年10月29日)

NATO事務総長、早期のアフガン撤収を否定

(2020年10月27日)

バイデン氏の富裕層への増税は中産階級に打撃

(2020年10月26日)

トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)
→その他のニュース