独占インタビュー:ポンペオ長官、中国軍の活動への「融和」を拒否

(2020年10月3日)

Photo by: ERIN SCOTT / Secretary of State Mike Pompeo listens during the third annual U.S.-Qatar Strategic Dialogue at the State Dept., Monday, Sept. 14, 2020 in Washington. (Erin Scott/Pool via AP)


By Bill Gertz – The Washington Times – Tuesday, September 22, 2020

 ポンペオ米国務長官は、米国は台湾付近と南シナ海で中国が強化している軍事行動に対抗しており、これは、中国との紛争を阻止するための措置だと述べた。

 中国はこのところ、台湾周辺で大規模な軍事演習と挑発的な戦闘機の飛行を実施した。中国国営メディアは、これは先週の米国務省高官の台湾訪問への対抗措置だと報じた。中国軍は先週、4発のミサイルを発射、今週に入って、米領グアムを中国が爆撃する光景を描いた動画をネットに投稿した。

 ポンペオ氏はワシントン・タイムズとのインタビューで、緊張が高まっていることについて、過去の政策は中国の脅威となる行動を無視してきたと非難した。米国はまた、米国内で活動する中国のインターネット企業に対する攻勢を拡大する用意があり、米国内各地に設置されている孔子学院と呼ばれる中国の文化センターをすべて、年内にも閉鎖したい意向を明らかにした。

 「この数十年間、米国は、中国共産党が威嚇したり、混乱を招いたりするような行動を取るのを許してきた。経済での略奪的な慣行もその一つであり、能力、影響力ともに拡大を続けている。融和策は、中国共産党に関しては最大のリスクだ」  トランプ氏は、「たくさんだ。もう、このようなことは起こさせない」と述べている。

 ポンペオ氏は、中国の指導者らはトランプ政権が真剣であること、・・・

(残り2478文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)
→その他のニュース