イスラエルと国交のUAE、軍事・外交で存在感

(2020年10月4日)
Photo by: Jon Gambrell / Gargash By Lauren Toms – The Washington Times – Tuesday, September 29, 2020

 アラブ首長国連邦(UAE)は、イスラエルとの国交正常化という歴史的な合意から2カ月足らずで、軍事大国への道を進み始めた。国連安保理の理事国となることを目指して、軍備の強化を進めている。

 UAEは9月29日、15カ国の安保理の非常任理事国入りを求めることを正式に発表した。任期は2年。2021年6月の理事会で3分の1以上の賛成を得る必要がある。

 UAEのガルガシュ外務担当国務相は、シンクタンク外交評議会が開催したオンラインイベントで、「この地域から何らかの新しい思考をもたらしたい」と述べた。

 UAEは、バーレーンと共に正常化のための「アブラハム合意」をイスラエルとの間で交わし、世界の注目を浴びた。アラブ諸国がイスラエルと国交を結ぶのは数十年ぶりのことだ。UAE当局者は、トランプ政権に最新鋭の戦闘機F35の売却を働き掛けており、米国は、他のペルシャ湾岸諸国がUAEに続いて、イスラエルと国交を結ぶことを求めている。

 ガルガシュ氏は29日、安保理入りが認められれば、・・・

(残り765文字)

Trump Central Review【定期購読】


政治的検閲に直面して

(2020年10月29日)

NATO事務総長、早期のアフガン撤収を否定

(2020年10月27日)

バイデン氏の富裕層への増税は中産階級に打撃

(2020年10月26日)

トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)
→その他のニュース