日本で4カ国外相会合 「アジア版NATO」への機運高まる

(2020年10月5日)

In this combination image shows left to right; U.S. Secretary of State Mike Pompeo, Sept. 21, 2020, Australian Foreign Minister Marise Payne, May 18, 2020, Japan’s Foreign Minister Toshimitsu Motegi, Jan. 17, 2020, and Indian Foreign Minister Subrahmanyam Jaishankar, Aug. 28, 2019. All for of these top diplomats from the U.S., Australia and India will gather in Tokyo next week for “quad” talks to discuss their common regional concerns, including China’s increasingly assertive actions, in a first face-to-face meeting Japan hosts since the pandemic. (AP photo)


By Guy Taylor – The Washington Times – Tuesday, September 29, 2020

 日本政府は来週、米国、インド、オーストラリアと安全保障をめぐる高官会合を開催する。これは「クアッド」と呼ばれ、民主主義4カ国をまとめあげて、トランプ政権が提案している、中国封じ込めのための「アジア版NATO」の基盤となる非公式グループを組織することを目指している。

 ポンペオ米国務長官は、東京で開催され、日本、インド、オーストラリアの外相が参加する会合に参加する。茂木敏充外相が29日、発表した。4カ国外相が対面で会合を開催するのは、菅義偉首相が9月中旬に就任してから初めて。安倍晋三前首相は2007年に初めて、4カ国会合を開始した。

 トランプ政権は、多国間の枠組みには反対する一方で、2017年インド太平洋戦略の一環としての4カ国会合には前向きの姿勢を示してきた。一部の高官からは、共産中国が世界的超大国として台頭し、軍事、経済での攻勢を強めているとして、4カ国協議の拡大の時期を迎えているとの指摘が出ている。

 1カ月余り前、ビーガン国務副長官が、・・・

(残り830文字)

Trump Central Review【定期購読】


政治的検閲に直面して

(2020年10月29日)

NATO事務総長、早期のアフガン撤収を否定

(2020年10月27日)

バイデン氏の富裕層への増税は中産階級に打撃

(2020年10月26日)

トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)
→その他のニュース