日本で4カ国外相会合 「アジア版NATO」への機運高まる

(2020年10月5日)

In this combination image shows left to right; U.S. Secretary of State Mike Pompeo, Sept. 21, 2020, Australian Foreign Minister Marise Payne, May 18, 2020, Japan’s Foreign Minister Toshimitsu Motegi, Jan. 17, 2020, and Indian Foreign Minister Subrahmanyam Jaishankar, Aug. 28, 2019. All for of these top diplomats from the U.S., Australia and India will gather in Tokyo next week for “quad” talks to discuss their common regional concerns, including China’s increasingly assertive actions, in a first face-to-face meeting Japan hosts since the pandemic. (AP photo)


By Guy Taylor – The Washington Times – Tuesday, September 29, 2020

 日本政府は来週、米国、インド、オーストラリアと安全保障をめぐる高官会合を開催する。これは「クアッド」と呼ばれ、民主主義4カ国をまとめあげて、トランプ政権が提案している、中国封じ込めのための「アジア版NATO」の基盤となる非公式グループを組織することを目指している。

 ポンペオ米国務長官は、東京で開催され、日本、インド、オーストラリアの外相が参加する会合に参加する。茂木敏充外相が29日、発表した。4カ国外相が対面で会合を開催するのは、菅義偉首相が9月中旬に就任してから初めて。安倍晋三前首相は2007年に初めて、4カ国会合を開始した。

 トランプ政権は、多国間の枠組みには反対する一方で、2017年インド太平洋戦略の一環としての4カ国会合には前向きの姿勢を示してきた。一部の高官からは、共産中国が世界的超大国として台頭し、軍事、経済での攻勢を強めているとして、4カ国協議の拡大の時期を迎えているとの指摘が出ている。

 1カ月余り前、ビーガン国務副長官が、・・・

(残り830文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)
→その他のニュース