ロシア疑惑捜査は行き詰っていた トランプ氏のコミー氏解任で一変

(2020年10月9日)


 トランプ大統領と陣営に対する連邦捜査局(FBI)の捜査は、トランプ氏がコミー長官を突然、解任した2017年5月に「縮小に向かっていた」。FBI職員が明らかにした。

 コミー長官解任後、ロッド・ローゼンスタイン司法副長官が直ちにロバート・モラー特別検察官を任命した。トランプ氏のコミー氏解任は、ローゼンスタイン氏のコミー氏嫌いをもとに決めたものだった。

 モラー氏は、ほとんどが民主党寄りの検事からなるチームを組み、トランプ陣営関係者への捜査を開始した。チームは22カ月かけて、ロシアとトランプ陣営との選挙での共謀の証拠を探したが、何も見つけられなかった。そして、トランプ氏の支持者らを税金詐欺、違法なロビー活動、偽証で起訴した。

 FBI職員のウィリアム・バーネット氏は、自身が参加していた捜査「クロスファイア・ハリケーン」が「縮小に向かっていた」との見方を、9月17日にジョン・ダーラム連邦検事のチームに伝えた。

 バーネット氏の指摘ははっきりしている。・・・
 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース