トランプ氏、暫定予算に署名 政府機関閉鎖を回避

(2020年10月10日)

Photo by: Alex Brandon / President Donald Trump speaks at a campaign rally at Duluth International Airport, Wednesday, Sept. 30, 2020, in Duluth, Minn. (AP Photo/Alex Brandon)


By Dave Boyer – The Washington Times – Thursday, October 1, 2020

 トランプ大統領は1日早朝、暫定予算案に署名した。これで、12月初めまで政府機関の閉鎖は回避される。

 トランプ氏はミネソタ州での選挙集会からホワイトハウスに戻り、法案に署名した。上院は9月30日、84対10の圧倒的多数の賛成で法案を承認していた。

 予算は、新会計年度が始まる1日午前零時で失効した。成立は1日になってからだったが、政府機関が影響を受けることは予想されていなかった。

 法案署名により、予算をめぐる両党間の議論は、大統領選後まで先送りされる。

Trump Central Review【定期購読】


政治的検閲に直面して

(2020年10月29日)

NATO事務総長、早期のアフガン撤収を否定

(2020年10月27日)

バイデン氏の富裕層への増税は中産階級に打撃

(2020年10月26日)

トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)
→その他のニュース