トランプ氏、暫定予算に署名 政府機関閉鎖を回避

(2020年10月10日)

Photo by: Alex Brandon / President Donald Trump speaks at a campaign rally at Duluth International Airport, Wednesday, Sept. 30, 2020, in Duluth, Minn. (AP Photo/Alex Brandon)


By Dave Boyer – The Washington Times – Thursday, October 1, 2020

 トランプ大統領は1日早朝、暫定予算案に署名した。これで、12月初めまで政府機関の閉鎖は回避される。

 トランプ氏はミネソタ州での選挙集会からホワイトハウスに戻り、法案に署名した。上院は9月30日、84対10の圧倒的多数の賛成で法案を承認していた。

 予算は、新会計年度が始まる1日午前零時で失効した。成立は1日になってからだったが、政府機関が影響を受けることは予想されていなかった。

 法案署名により、予算をめぐる両党間の議論は、大統領選後まで先送りされる。

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)
→その他のニュース