中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)


 中国は第二次世界大戦後に国際秩序を維持するために創設された機関への支配に国を挙げて取り組んでおり、しばしば賄賂と経済的恐喝を用いている。

 中国による国連支配の拡大に対し、米国政府は恒久的な組織が戦略を策定し、実施することで対抗することが求められている。

 専門家によると、中国は2017年以降、国連支配の取り組みを強化している。特に人権や貿易、デジタル通信、公衆衛生などの分野で国際法と国際基準を管理する国連機関で中国当局者が指導的地位を確保することに重点が置かれている。

 これはかつての慣行からの著しい転換だ。中国は以前、安保理常任理事国として拒否権を乱用する程度で、外交的主導権を握ることには消極的だったからだ。

 強硬な政策を提案することで知られる民主主義防衛財団の専門家は、トランプ大統領は過去3年間で、中国に対する米国の政策を一新させたが、多国間機関を支配下に置くための中国の攻勢は、それに相応する反撃を受けていないと指摘する。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース