大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

Photo by: Alex Brandon / White House Chief of Staff Mark Meadows speaks with reporters at the White House, Friday, Oct. 2, 2020, in Washington. (AP Photo/Alex Brandon)


By Gabriella Munoz – The Washington Times – Monday, October 5, 2020

 メドウズ大統領首席補佐官は5日、新型コロナウイルス経済対策を議会を通過させるには、少しずつ、段階的に進めるべきだとの見方を明らかにした。

 メドウズ氏はFOXニュースで、「政局が再び邪魔にならない限り、合意を交わせる可能性はあると思っている。大型の包括的法案が、少しの相違のせいで通過しないなら、依然として大きな食い違いはあるが、先に進め、合意できるものを数多く通過させたい。できると思う」と述べた。

 ムニューチン財務長官とペロシ下院議長は先週、何回か交渉し、大統領選前の包括的新型コロナ救済策での合意を試みた。

 ペロシ氏の首席補佐官代理ドリュー・ハミル氏によると、5日にも1時間ほど「さまざまな数字の根拠」について話し合い、文書を交換した。

 ペロシ氏(民主、カリフォルニア州)は記者団に、・・・

(残り766文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)
→その他のニュース