大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

Photo by: Paula Bronstein / A man was fatally shot Saturday in Portland, Oregon, after counterdemonstrators downtown confronted a caravan of about 600 vehicles. Members of the right-wing Patriot Prayer group said the man was one of theirs, and they blamed Black Lives Matter protesters and Antifa for his death. (Associated Press)


By Jeff Mordock – The Washington Times – Sunday, October 11, 2020

 アンティファの存在感が急上昇している。先週の米大統領候補者討論会でもその名前が取り上げられた。

 アンティファ運動が主流になるにつれ、その同調者たちは暴力をエスカレートさせている。石を投げたり、扉を封鎖するだけでなく、身体的暴行や初の殺人まで犯すようになった。

 アンティファが暴力のレベルを引き上げるのは、小さな路上犯罪をゲリラ戦術に発展させるという革命家たちが常に準備している邪悪なやり方だ。

 「恐ろしいのは、時間とともに一段と暴力的になっていく兆しが見られることだ」。アンティファの同調者を取材したピッツバーグ大学のマイケル・ケニー教授は語った。

 11月3日の大統領選は、アンティファ運動にとって重要な瞬間になる可能性が高い。・・・

(残り1086文字)

Trump Central Review【定期購読】


政治的検閲に直面して

(2020年10月29日)

NATO事務総長、早期のアフガン撤収を否定

(2020年10月27日)

バイデン氏の富裕層への増税は中産階級に打撃

(2020年10月26日)

トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)
→その他のニュース