バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

Photo by: Alex Brandon / In this March 23, 2020, file photo President Donald Trump moves from the podium to allow Attorney General William Barr to speak about the coronavirus in the James Brady Briefing Room in Washington. The relationship between President Donald Trump and top ally Attorney General William Barr is fraying over the lack of splashy indictments so far in the Justice Department’s investigation into the origins of the Russia probe, according to people familiar with the matter. (AP Photo/Alex Brandon, File)


By Jeff Mordock – The Washington Times – Friday, October 9, 2020

 バー司法長官は共和党幹部らに、トランプ大統領のロシア疑惑捜査の起点に関する連邦検事ジョン・ダーラム氏の調査報告が大統領選後になると述べた。9日、報じられた。

 ニュースサイト、アクシオスは、ホワイトハウス高官の話として、ダーラム氏は、政治的目的のための期限までに調査を完了させようとは考えていないと報じた。

 バー氏も、大統領選までに新たな訴追が行われることはないと高官らに伝えたという。

 この報道によって、ダーラム氏の調査報告によってオバマ政権による重大な不正が暴露され、11月3日の選挙で共和党の追い風になる可能性は消えた可能性がある。・・・

(残り328文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)
→その他のニュース