バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)


 ANALYSIS/OPINION:米国の経済はエネルギーで走っている。そして、その燃料が手頃な値段で入手可能な時、いっそう力強く走る。現在ほど、エネルギーが豊富だったことはほとんどなく、トランプ大統領の政策がその傾向を強める助けをしている。

 トランプ政権に挑戦して、ジョー・バイデンは、エネルギー政策での根本的変革を支持している。経済の健全性を来るべき2020年大統領選のトップイシューとして、有権者はバイデンの計画が、パワーダウン(電力不足)を起こさないかどうか、検証すべきである。

 バイデン陣営は、化石燃料が将来、全滅する日が来ることを予告した。2019年に、バイデン氏は、決起大会の参加者に約束した。「私は、皆さんにわれわれが化石燃料を完全に除去することを請け合う」と。そして、彼の誓いを補強するために、エネルギーの60%以上を天然ガスと石油から得ている米国のエネルギー産業を2035年までに二酸化炭素が出ないようにし、そして、すべての車は電池式になるよう求める極左のバーニー・サンダーズの助けを借りて、政策方針の草案作りをした。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース