バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

Photo by: Carolyn Kaster / Democratic presidential candidate former Vice President Joe Biden waves as he arrives at Detroit Metropolitan Wayne County Airport, Friday, Oct. 16, 2020, in Detroit. (AP Photo/Carolyn Kaster)


By THE WASHINGTON TIMES – – Sunday, October 18, 2020

 ANALYSIS/OPINION:米国の経済はエネルギーで走っている。そして、その燃料が手頃な値段で入手可能な時、いっそう力強く走る。現在ほど、エネルギーが豊富だったことはほとんどなく、トランプ大統領の政策がその傾向を強める助けをしている。

 トランプ政権に挑戦して、ジョー・バイデンは、エネルギー政策での根本的変革を支持している。経済の健全性を来るべき2020年大統領選のトップイシューとして、有権者はバイデンの計画が、パワーダウン(電力不足)を起こさないかどうか、検証すべきである。

 バイデン陣営は、化石燃料が将来、全滅する日が来ることを予告した。2019年に、バイデン氏は、決起大会の参加者に約束した。「私は、皆さんにわれわれが化石燃料を完全に除去することを請け合う」と。そして、彼の誓いを補強するために、エネルギーの60%以上を天然ガスと石油から得ている米国のエネルギー産業を2035年までに二酸化炭素が出ないようにし、そして、すべての車は電池式になるよう求める極左のバーニー・サンダーズの助けを借りて、政策方針の草案作りをした。

 天然ガスや油田掘削の革新的技術がもたらしたフラッキング(注)の将来に関しての対立的見解は、また、彼らの遊説の決まり文句となった。・・・

(残り1012文字)

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース