中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

Photo by: Zhang Ling / In this photo released by China’s Xinhua News Agency, Chinese President Xi Jinping speaks during an event to commemorate the 40th anniversary of the establishment of the Shenzhen Special Economic Zone in Shenzhen in southern China’s Guangdong Province, Wednesday, Oct. 14, 2020. President Xi Jinping promised Wednesday new steps to back development of China’s biggest tech center, Shenzhen, amid a feud with Washington that has disrupted access to U.S. technology and is fueling ambitions to create Chinese providers. (Zhang Ling/Xinhua via AP)


By Lauren Toms – The Washington Times – Tuesday, October 20, 2020

 共和党の有力議員らが20日、中国を米国の経済と安全保障にとっての主要な脅威と正式に宣言する法案を提出した。

 この法案は「中国タスク・フォース法」と呼ばれ、下院のマッカーシー共和党院内総務(カリフォルニア州)と下院外交委員会のマコール筆頭委員(共和、テキサス州)が共同で作成した。9月に公表された「中国タスク・フォース」に盛り込まれた137件の議会への勧告をまとめたものだ。

 マッカーシー氏は声明で「きょうは、中国に責任を取らせる取り組みで重要な日となった。中国タスク・フォース法の提出は、この報告による勧告の実行を支援するものであり、米国を安全にし、自立した国にする」と述べた。・・・

(残り544文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース