NATO事務総長、早期のアフガン撤収を否定

(2020年10月27日)

NATO Secretary-General Jens Stoltenberg speaks during a video conference of NATO Defense Minister at the NATO headquarters in Brussels, Wednesday, June 17, 2020. (Francois Lenoir, Pool Photo via AP)


By Lauren Toms – The Washington Times – Wednesday, October 21, 2020

 北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は21日、アフガニスタンで暴力が続き、国内が荒廃しているとして、早期の撤収の可能性を否定した。

 一方の米国では、アフガンからの早期撤収をめぐって米政府内で意見が割れているとみられている。

 ストルテンベルグ氏はブリュッセルで記者団に、「NATOはアフガンに約1万2000人を駐留させている。和平プロセスの一環として、プレゼンスを調整した。さらに調整するかどうかは、状況による。(反政府組織)タリバンは約束を守らなければならない。暴力を大幅に減らし、停戦に進まなければならない」と述べた。・・・

(残り604文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース