政治的検閲に直面して

(2020年10月29日)


 ANALYSIS/OPINION:災難の中には対応する時間もなく雪崩のように突然やって来るものがある。一方、中には、点滅する早期警戒灯のような物の前触れと共にやって来るものもある。

 米国人は、差し迫る大統領選に関連するあからさまなニュースの検閲に衝撃を受けているが、そういうことはあってはならない。不穏当な政治的偏見が、ネット上の公的広場で増加する現象が見られる。すでに何百万票が投じられており、自由な言論に対する破壊的掌握が行われつつあることについての公表の努力は、あまりにも少なく、あまりにも遅い。

 民主党の大統領候補ジョー・バイデンの息子、ハンター・バイデンの物とみられるノート型パソコンで発見された爆弾は、有力なソーシャルメディアが衆目が届かないようすることを決め、先週、素早く封じ込められた。

 ニューヨーク・ポスト紙を除いて、当時のバイデン副大統領とウクライナのエネルギー会社、・・・ (残り1343文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース