政治的検閲に直面して

(2020年10月29日)

This combination of photos shows logos for social media platforms Facebook and Twitter. Facebook and Twitter moved quickly this week to limit the spread of a disputed tabloid story promising new twists in the saga of Joe Biden’s relationship with Ukraine. President Donald Trump’s campaign quickly seized on the story in the New York Post – but the report raised more questions than answers, including about the authenticity of an email at the center of the story. Wednesday morning Oct. 14, 2020, hours after the story’s publication, a Facebook spokesman tweeted that the company was limiting its distribution on the platform.(AP Photo/File)


By THE WASHINGTON TIMES – – Thursday, October 22, 2020

 ANALYSIS/OPINION:災難の中には対応する時間もなく雪崩のように突然やって来るものがある。一方、中には、点滅する早期警戒灯のような物の前触れと共にやって来るものもある。

 米国人は、差し迫る大統領選に関連するあからさまなニュースの検閲に衝撃を受けているが、そういうことはあってはならない。不穏当な政治的偏見が、ネット上の公的広場で増加する現象が見られる。すでに何百万票が投じられており、自由な言論に対する破壊的掌握が行われつつあることについての公表の努力は、あまりにも少なく、あまりにも遅い。

 民主党の大統領候補ジョー・バイデンの息子、ハンター・バイデンの物とみられるノート型パソコンで発見された爆弾は、有力なソーシャルメディアが衆目が届かないようすることを決め、先週、素早く封じ込められた。

 ニューヨーク・ポスト紙を除いて、当時のバイデン副大統領とウクライナのエネルギー会社、・・・

(残り1343文字)

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース