中国が台湾を支援する米国軍需関連企業に制裁

(2020年10月30日)

In this Feb. 5, 2020, file photo, Lockheed Martin’s Robert Balserak, lead executive, Air Superiority Programs, explains the capabilities of the F-21 at the DefExpo in Lucknow, India. China’s government said Monday, Oct. 26, 2020, that it will impose sanctions on U.S. military contractors including Boeing Co.’s defense unit and Lockheed Martin Corp. for supplying weapons to rival Taiwan, stepping up a feud with Washington over security and Beijing’s strategic ambitions. (AP Photo/Rajesh Kumar Singh, File)


By Lauren Toms – The Washington Times – Monday, October 26, 2020

 中国は、台湾への新しい武器販売をめぐって米軍需企業に対して制裁を科す準備を進めている。

 中国外務省の報道官によると、制裁対象となる企業には、ロッキードマーティン、ボーイング、レイスロンなどが含まれる。

 ロイター通信によると趙立堅氏は「われわれの国益を守るために、中国はロッキード・マーティン、ボーイング、レイセオンなどの米国企業、および武器販売の過程で不正な行動をとった個人や企業に必要な措置を講じ、制裁を課すことを決定した」と記者団に語った。

 トランプ政権は先週、台湾への18億ドルの武器売却予定を議会に正式に通知した。

 米国は台湾と正式な外交関係を有していないが、・・・

(残り407文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース