司法省のグーグル提訴を民主党の下院司法委員長が支持

(2020年10月31日)

Photo by: Alex Brandon / In this file photo, House Judiciary Committee Chairman Jerrold Nadler, of N.Y., questions FBI Director Christopher Wray as he testifies during an oversight hearing of the House Judiciary Committee, on Capitol Hill, Wednesday, Feb. 5, 2020, in Washington. (AP Photo/Alex Brandon)


By Jeff Mordock – The Washington Times – Tuesday, October 20, 2020

 トランプ政権は20日、政権を激しく非難していた人物の一人から異例の称賛を受けた。ナドラー下院司法委員長(民主、ニューヨーク州)が、反トラスト法(独占禁止法)違反で司法省がグーグルを提訴したことへの支持を表明したからだ。

 ナドラー氏は声明で、「議会、連邦と州の反トラスト法執行官らは、インターネットでの競争と革新を守ることが、米経済に非常に重要という点で、党派を超えて一致している」と述べた。

 ナドラー氏は、司法省と11州によるグーグル提訴の数時間後にこの声明を発表し、グーグルは検索エンジンの検索結果を使って競争を阻害する一方で、広告収入で何億㌦もの資金を得ていると訴えた。・・・

(残り263文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース