進む兵器開発、無人機対策急ぐ米国防総省

(2020年11月2日)


 米軍は武装無人機の戦場での使用の先駆けとなり、この20年間の戦争を大きく変えた。

 しかし、この変革によって国防総省は新たな緊急任務を抱えることになった。他国の無人機からの防衛だ。

 無人機は、急速に高速化、低価格化し、破壊力は増し、世界に拡散している。米軍の作戦立案者らは、攻撃に弱い兵員、戦車、艦艇の効果的な防衛策の作成を急いでいる。

 アナリスト、軍事専門家らによると、国家、テロ組織や麻薬カルテルなど国家ではない敵対勢力は、小型無人機が非常に大きな戦略的価値を持ち、効果的な対応策がないことを理解している。

 無人対策のプラットフォームが、今後数十年間に特に重要となる。中国などの競合国が無数の無人機を使った技術開発を重点的に進めており、何十、何百という航空機を妨害したり、場合によってはこれまで軍が取ってきた戦術を破壊したりすることもあり得るからだ。

 戦略を支えられるだけの十分な数と能力があれば、・・・ (残り744文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース