バイデン副大統領は息子の中国との取引に関与していた-元ビジネスパートナーが主張

(2020年11月4日)

Photo by: Pablo Martinez Monsivais / Hunter Biden, former Vice President Joe Biden’s son, is shown in this undated file photo. (Associated Press/File)


By S.A. Miller – The Washington Times – Thursday, October 22, 2020

 ハンター・バイデン氏の元ビジネスパートナーが、父親のジョセフ・バイデン元副大統領が中国との取引に関与し、利益を受けていたと主張した。

 ハンター氏の会社のCEOだったトニー・ボブリンスキー氏は声明で、ハンター氏の電子メールの中に出てくる「ビッグガイ」はジョセフ氏であり、10%を受け取ることになっていたと述べた。

 さらにボブリンスキー氏は、中国共産党とつながりがある中国企業が「政治的または影響力を行使するための投資」をしていたと述べている。

 「ハンター氏だけの企業ではなかった。バイデン・ファミリーと残された遺産がかかっていた」。ボブリンスキー氏は、ニューヨーク・ポスト紙が最初に入手した声明でこう主張している。

 ボブリンスキー氏は、大統領候補討論会の前にテネシー州で記者を前に発言し、ジョセフ氏が、2015年から中国など外国との取引にいかに深くかかわっていたかについて詳細を明らかにした。

 「ジョー・バイデン氏の関与は文書では言及されておらず、対面だけだったことが分かっている」

 ボブリンスキー氏は、ハンター氏は中国の与信枠を「私的な貯金箱」として使っていたと述べた。・・・

(残り2877文字)

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース