FBI、ハンター・バイデン氏のビジネスパートナーを聴取

(2020年11月7日)

Photo by: Charles Dharapak / Vice President-elect, Sen. Joe Biden, D-Del., left, stands with his son Hunter during a re-enactment of the Senate oath ceremony, Tuesday, Jan. 6, 2009, in the Old Senate Chamber on Capitol Hill in Washington. (AP Photo/Charles Dharapak)


By Rowan Scarborough – The Washington Times – Sunday, November 1, 2020

 連邦捜査局(FBI)は、ハンター・バイデン氏のビジネスパートナー、トニー・ボブリンスキー氏の聴取を行い、中国共産党と関連がある中国人富豪との巨額の取引に父親のジョセフ・バイデン前副大統領がどの程度関与していたかを示す2017年5月の電子メールについて聞いた。ボブリンスキー氏がワシントン・タイムズに語った。

 ハンター氏のビジネスパートナー、ジェームズ・ギリアー氏がハンター氏とボブリンスキー氏にあてたメールは、ジョセフ氏が、バイデン一家の中国との取引をめぐる話し合いに関与していたことを示す証拠となりうる。ジョセフ氏は、現在は民主党の大統領候補で、「ビッグガイ」というニックネームで呼ばれている。

 このメールは、ハンター氏がデラウェア州ウィルミントンの修理店に預けたまま、引き取りに来なかったノートパソコン、マックブック・プロの中にあった何千通ものメールのうちの一つ。

 ボブリンスキー氏によると、・・

(残り2966文字)

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース