ペロシ氏、コロナ救済策の縮小に依然反対、交渉の再開を要求

(2020年11月11日)

Photo by: J. Scott Applewhite / Speaker of the House Nancy Pelosi, D-Calif., talks to reporters about the impact of the election on the political landscape in Congress, at the Capitol in Washington, Friday, Nov. 6, 2020. Democrats in the House lost a handful of seats but will remain the party in power. (AP Photo/J. Scott Applewhite)


By Gabriella Munoz – The Washington Times – Friday, November 6, 2020

 ペロシ米下院議長は、包括的な新型コロナウイルス救済策の交渉を再開する意向を表明したが、規模を縮小するつもりは依然ないようだ。

 ペロシ氏は毎週行っている記者会見で「共和党に、交渉に戻ってきてほしい」と述べた。

 開票中の大統領選で民主党候補のジョー・バイデン氏は優位に立っており、ペロシ氏は勝利を予測しているが、民主党の大統領が就任するまで待てないと述べた。

 上院共和党とは、少なくとももう一本の法案が必要という点で一致しているものの、民主、共和両者とも、それぞれの主張を譲る用意のないことを明らかにしている。・・・

(残り1185文字)

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース