2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

Photo by: Nam Y. Huh / Nate Silver is the director of the polling site FiveThirtyEight and became a national figure when he correctly called all 50 states in the 2008 presidential race, and all but one in 2012, based on his weighted averages of state polls – a “poll of polls” essentially. (Associated Press)


By Rowan Scarborough – The Washington Times – Wednesday, November 4, 2020

 米国の主要世論調査機関は3日の大統領選で、2016年と同じ失敗を繰り返した。激戦州で民主党票を過大評価し続けたのだ。主な上院選でも、世論調査機関は共和党候補にさじを投げていたが、彼らが勝利する結果になった。

 ワシントン・タイムズ紙の調べでは、このように偏った世論調査は、共和党候補に対してしか見つからなかった。共和党候補の勝利を予想する世論調査は一つもなかった。

 メーン州では、共和党のスーザン・コリンズ上院議員が再選を果たしたが、世論調査では予想できないものだった。14の世論調査のすべてで、コリンズ氏は大差で負けていた。

 共和党からは、ニュースメディアとその調査会社がトランプ氏とその他の共和党候補は勝てないと米国民をミスリードしている、との怒りが噴出している。

 マイク・ハッカビー元アーカンソー州知事は、FOXニュースで「世論調査は時代遅れだ。8トラックテープのようだ。雄牛の下に牛乳バケツを置くのと同じくらい無意味だ。・・・

(残り889文字)

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース