2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)


 米国の主要世論調査機関は3日の大統領選で、2016年と同じ失敗を繰り返した。激戦州で民主党票を過大評価し続けたのだ。主な上院選でも、世論調査機関は共和党候補にさじを投げていたが、彼らが勝利する結果になった。

 ワシントン・タイムズ紙の調べでは、このように偏った世論調査は、共和党候補に対してしか見つからなかった。共和党候補の勝利を予想する世論調査は一つもなかった。

 メーン州では、共和党のスーザン・コリンズ上院議員が再選を果たしたが、世論調査では予想できないものだった。14の世論調査のすべてで、コリンズ氏は大差で負けていた。

 共和党からは、ニュースメディアとその調査会社がトランプ氏とその他の共和党候補は勝てないと米国民をミスリードしている、との怒りが噴出している。

 マイク・ハッカビー元アーカンソー州知事は、FOXニュースで「世論調査は時代遅れだ。8トラックテープのようだ。雄牛の下に牛乳バケツを置くのと同じくらい無意味だ。・・・ (残り889文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース