「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

Photo by: Jenni Girtman / Angie Whitworth Pace of Tucker, Ga., reacts to election results favoring President-elect Joe Biden and Vice President-elect Kamala Harris in East Atlanta on Saturday, Nov 7, 2020. (Jenni Girtman/Atlanta Journal-Constitution via AP)


By THE WASHINGTON TIMES – – Sunday, November 8, 2020

 ANALYSIS/OPINION:暴動が起きる時には、常に理由がある――それは、ちょっと合理的に考える人たちにとっては理解できないかもしれない。それが選挙シーズンのこととなると、大抵の人は一票を投じるチャンスに喜びを覚える。

 もっとも、中には、むしろ、石を投げ付けてやろうと思う人もいるかもしれない。そして、ある種の人たちはその両方をする決意でいる。いつも体制に対して不満を持っている人たちにとっては、選挙後の暴力行使は、いつも選挙前に計画していることなのである。民主主義を無政府主義とごちゃ混ぜにすることは、論理的には大間違いであるが、感情丸出しで祝うことも細やかな配慮を欠く。特に、そこで、拳を振り上げるようなことがあればなおさらだ。

 先週の共和党のドナルド・トランプと民主党のジョー・バイデンとの間で、厳しく闘われた2020年大統領選の対決後の、勝敗決着の手詰まりは予期せざることではなかった。米国民が勝利宣言を息を殺して待ち望んでいた時、都市中心部の当局者たちと争う覚悟の扇動者の大集団が水曜日の夜には、配置されていた。

 選挙の混沌(こんとん)の青写真は出来上がっていた。・・・

(残り1076文字)

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)

ペロシ氏、コロナ救済策の縮小に依然反対、交渉の再開を要求

(2020年11月11日)
→その他のニュース