「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)


 ANALYSIS/OPINION:暴動が起きる時には、常に理由がある――それは、ちょっと合理的に考える人たちにとっては理解できないかもしれない。それが選挙シーズンのこととなると、大抵の人は一票を投じるチャンスに喜びを覚える。

 もっとも、中には、むしろ、石を投げ付けてやろうと思う人もいるかもしれない。そして、ある種の人たちはその両方をする決意でいる。いつも体制に対して不満を持っている人たちにとっては、選挙後の暴力行使は、いつも選挙前に計画していることなのである。民主主義を無政府主義とごちゃ混ぜにすることは、論理的には大間違いであるが、感情丸出しで祝うことも細やかな配慮を欠く。特に、そこで、拳を振り上げるようなことがあればなおさらだ。

 先週の共和党のドナルド・トランプと民主党のジョー・バイデンとの間で、厳しく闘われた2020年大統領選の対決後の、勝敗決着の手詰まりは予期せざることではなかった。米国民が勝利宣言を息を殺して待ち望んでいた時、都市中心部の当局者たちと争う覚悟の扇動者の大集団が水曜日の夜には、配置されていた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース