郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)


 ペンシルベニア州の目立たない郵便配達員であるリチャード・ホプキンス氏は1週間もしないうちに、2020年米大統領選で最も有名な内部告発者になってしまった。だが、メディアのスポットライトを浴び続けるくらいなら、敵の銃撃に直面するアフガニスタンに戻りたい、とホプキンス氏は主張している。

 「正直に言って、このような立場にいるくらいなら、アフガニスタンに戻ってアフガン人の銃撃を浴びた方がましだ」。ホプキンス氏は、覆面活動家グループ「プロジェクト・ベリタス」が11日に公開した動画で語った。

 ホプキンス氏にはその理由がある。ホプキンス氏がペンシルベニア州エリーの郵便局で投票の改竄(かいざん)が行われた可能性を明らかにしたことで、調査が行われている間は無給の停職扱いになり、連邦捜査官から何時間も尋問を受けることになってしまった。

 下院監視・改革委員会の民主党議員は、・・・ (残り1064文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース