バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

Photo by: David Zalubowski / The electric vehicle designation is shown on the front fender of an unsold 2021 Bolt as it sits at a Chevrolet dealership Sunday, Nov. 8, 2020, in Englewood, Colo. (AP Photo/David Zalubowski)


By Valerie Richardson – The Washington Times – Tuesday, November 17, 2020

 バイデン前副大統領ら民主党員は、米国の将来のグリーンエネルギー政策の一環として電気自動車(EV)への転換を進める前に、それが環境にとってどのような意味を持つのかをよく検討してみた方がいい。

 二酸化炭素排出ゼロを名目にテスラ、ボルトに頼り切ることは、別のさまざまな環境問題を招来し、気候にとっていいという保証はないという主張が増えている。

 自由市場を支持する「企業競争研究所(CEI)」の上級研究員ベン・リーバーマン氏は、「活動家や政治家は、気候変動、大気汚染を解決するための『排出ゼロ』策として、電気自動車を推し続けているが、個人が行う輸送のエネルギー源をガソリンから電気に変えても、大気汚染物質と二酸化炭素をなくせるほど排出量は減らない」と主張する。

 リーバーマン氏は17日、・・・

(残り973文字)

Trump Central Review【定期購読】


海外指導者が米ソーシャルメディアの言論封じ込めを憂慮

(2021年01月23日)

議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)
→その他のニュース