米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

Photo by: Andrew Harnik / Presumptive President-elect Joe Biden, accompanied by Vice President-elect Kamala Harris, speaks about economic recovery at The Queen theater, Monday, Nov. 16, 2020, in Wilmington, Del. (AP Photo/Andrew Harnik)


By Ryan Lovelace – The Washington Times – Monday, November 16, 2020

 米民主党内では派閥が対立しているが、一致していることが一つある。それは、ジョゼフ・バイデン氏が大統領になった時は増税しなければならない、ということだ。

 左派はリベラルな政策課題を実現するビジョンをめぐって対立しているが、わだかまりを捨てて取り組んでいるのが、歳入増加を再優先課題に位置付け、トランプ大統領の減税を覆すことだ。

 420以上の全米・州レベルの団体から成る連合組織「アメリカンズ・フォー・タックス・フェアネス」は、バイデン氏に税制を改革させ、その他の選挙公約を実行させるために態勢を整えている。

 「政権が負託に応えるよう、われわれはあらゆるてこを用いて圧力をかけるつもりだ」。同組織のフランク・クレメンテ事務局長は語った。・・・

(残り1050文字)

Trump Central Review【定期購読】


マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)

スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年01月06日)
→その他のニュース