保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)


 ANALYSIS/OPINION:左派が右派よりもずっと上手なことがある――一度に都市の数ブロックを何日間も封鎖する話はさておき――それは、あおり立て、望んだものを手に入れる能力だ。

 彼らは、メガホンを握り、報道機関の首根っこを押さえ、騒動を起こす。結果として、不平不満が何らかの影響を及ぼす可能性は高まっている。それは、そんなちょっとしたことが繰り返され、楽に結果が出せたりしてきたために、左派は同じような作戦を取り続けてきた。

 保守派は、生来、より内向きの性格をしている。鍋窯をたたいて街を歩き回ったり、就寝中の政府の役人らに嫌がらせをしたりすることなどは好きなタイプではない。通常やることと言えば、厳しい内容の文章を論説担当者に送り付けるくらいだ。われわれの中には、腹立ち紛れにツイートするものがいるかもしれないが、集団民衆蜂起などは願い下げだ。

 保守派はもう少し、大きな声で考えを表すべきかもしれない。例えば、・・・ (残り1126文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース