保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

Photo by: Kristin Murphy / Stephanie Grant holds a “Stop the Tyranny” sign during a protest of Gov. Gary Herbert’s mask mandate and new COVID-19 restrictions outside of the Governor’s Mansion in Salt Lake City on Monday, Nov. 9, 2020. (Kristin Murphy/The Deseret News via AP)


By THE WASHINGTON TIMES – – Sunday, November 22, 2020

 ANALYSIS/OPINION:左派が右派よりもずっと上手なことがある――一度に都市の数ブロックを何日間も封鎖する話はさておき――それは、あおり立て、望んだものを手に入れる能力だ。

 彼らは、メガホンを握り、報道機関の首根っこを押さえ、騒動を起こす。結果として、不平不満が何らかの影響を及ぼす可能性は高まっている。それは、そんなちょっとしたことが繰り返され、楽に結果が出せたりしてきたために、左派は同じような作戦を取り続けてきた。

 保守派は、生来、より内向きの性格をしている。鍋窯をたたいて街を歩き回ったり、就寝中の政府の役人らに嫌がらせをしたりすることなどは好きなタイプではない。通常やることと言えば、厳しい内容の文章を論説担当者に送り付けるくらいだ。われわれの中には、腹立ち紛れにツイートするものがいるかもしれないが、集団民衆蜂起などは願い下げだ。

 保守派はもう少し、大きな声で考えを表すべきかもしれない。例えば、・・・

(残り1126文字)

Trump Central Review【定期購読】


マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)

スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年01月06日)
→その他のニュース