タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

The guided missile destroyer, U.S.S. Barry. The warship is one of four destroyers sent to the Mediterranean. (credit: U.S. Navy)




 トランプ政権は、軍情報高官の異例の台湾訪問や、ミサイル駆逐艦の台湾海峡航行などで中国への圧力を強化している。

 米当局者によると、国防総省インド太平洋軍の情報部門の責任者マイケル・スチュードマン氏が22日、台湾を電撃訪問した。台湾政府との情報共有のための話し合いが目的。中国は数カ月前から、台湾に対し威嚇行為を続けている。

 これまで、中国政府との関係への影響を懸念し、軍高官の台湾訪問は禁止されていた。中国は、台湾を反乱地域とみなし、いずれ大陸の支配下に置くことを考えている。

 国防総省報道官は、訪問についてのコメントを拒否した。最初に報じたのは、台湾のメディアで、22日夜に台北の松山空港にチャーター機が到着したことを受けたものだった。その前日には、米海軍のミサイル駆逐艦が台湾海峡を航行した。

 海軍第7艦隊の報道官ジョー・ケイリー氏は、「アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦バリーが11月21日、国際法を順守し、台湾海峡で通常の航行を実施した」と述べた。・・・

(残り2190文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース